青汁で作るヘルシーなケーキレシピ

青汁をケーキの材料に混ぜるとヘルシーでおいしいケーキが出来上がるのをご存知ですか? 毎日青汁を飲んでいる中で、違った青汁の摂りこみ方として知っていると便利です。

粉末の青汁は、個包装になっているものが多く、内容量が一目でわかります。 また飲みやすいように、あらかじめ抹茶風味などに加工されているのでケーキをはじめ、お菓子にアレンジした際に青臭さや野菜独特の風味が出にくくなっています。

作る際に分量が測りやすいのでおすすめです。それではさっそく粉末青汁を使用したレシピをご紹介します。

小豆を入れたりきなこをふりかけたりしてもおいしい!青汁パウンドケーキ

バター少なめ、抹茶に似た味でしっとりとした和の風味が漂うケーキです。パウンドケーキ型がない場合は1リットルの牛乳パックを使ってもきれいに焼きあがります。

ここでは通常のプレーン生地と青汁の2色で焼き上がるレシピ一例をご紹介します。

材料

  • 薄力粉120g
  • ベーキングパウダー
  • 2g
  • 砂糖120g
  • バター100g ※ケーキ型にバターを塗る場合はさらに10g程度プラス。
  • 卵2個
  • 粉末青汁9g
  • 牛乳25cc
  • バニラエッセンス
  • 少々

作り方

  1. 材料を用意し、オーブンは170℃に予熱しておきます。
  2. バターは室温で柔らかくしておき、そこに砂糖を加えて電動泡だて器でよく混ぜます。
  3. 溶き卵を2、3回に分けて加えたら、粉類をふるいながら少しずつ加え、ゴムベラなどで軽くさっくりと混ぜ合わせます。
    さらに牛乳とバニラエッセンスを加え粉っぽさがなくなるまで切るように混ぜます。
  4. 生地を半分に分け、それぞれ別のボールに移します。片方に粉末青汁を加え、再度切るように混ぜます。
  5. 型にクッキングシートを敷く、またはバターを薄く塗ったら、生地を入れていきます。
    マーブル模様を作る入れ方ですが、一つはプレーン→青汁→プレーン→青汁…と上下、左右で生地を互い違いになるよう重ねていきます。
    生地をスプーンなどですくいながら入れるとやりやすいでしょう。
  6. 生地をすべて入れ終わったら箸でぐるっと1~2回混ぜ、型を少し高い位置から持ち上げ数回落として空洞を減らします。
    表面を軽く平らにしたら、170℃に予熱したオーブンで40分〜45分程度焼きあげてできあがりです。

ポイント

  • 仕上げに粉砂糖やきな粉をふるうのもおすすめです。
  • 青汁だけの生地で作る場合は、4.の過程で生地を分けず、そのまま青汁を加えて生地を流し込んで焼けば全面青汁のケーキになります。
  • 青汁に抹茶風味がついているものは、小豆を加えて焼いてもおいしいです。その場合は小豆の水煮缶(1缶)などあらかじめ柔らかくした小豆を加えて焼きましょう。

今回はパウンドケーキのレシピをご紹介しましたが、ホットケーキの材料に混ぜると青汁パンケーキなども簡単に作れます。柔らかい緑色に焼き上がるヘルシーな青汁ケーキ、お子さんにも好評です。